アニメ量子論さん 

Fate劇場版

見に川崎チネチッタにいった。
8時15分からなので1200円 リーズナブル。
感想は最初から最後まで動きっぱなしでした。すごい。
いかにも劇場版ってクオリティでした。
なんかもう駆け足でバトルバトルは見ごたえがあってよかったと思います。
ストーリー?なんとなく分かりました。

スクリーンはとてもでかくてしかも真ん中の真ん中で左右火といなかったので余裕で見れました。
だがしかし後のやつのポップコーン食べたり、本編始まってないとはいえ、おしゃべりするのはマナーの低さを感じざるおえませんでしたねー。気にし過ぎなんすかねー。まあポップコーンは映画館で売ってるしなー。でもかなりいらいらしました。





もう、セイバーの移動がいちいちかっこいいな。瞬間移動で青い残像が残るのがいい。
後は、バトルがかなり多かったけど、小次郎との一騎打ちが一番かっこよかった。
ツバメ返しも決まっていたが、セイバーの一刀両断もなかなかの迫力だった。
 けど、日常シーンでのはらぺこセイバーはあまり取り上げられずでしたが、
囚われの身になったときの白いドレスでなまめかしい姿や、前半の見えない剣での立ち振る舞い
がかっこよかった。

面子は、ライダー、バーサーカーが割りとあっさり退場してしまってあれれだった。
あと衝撃はイリアが心臓もぎ取られて血まみれで死ぬのがショッキングだった。おきになのにー
ぜんぜんいいとこなしであっさり退場だったなー。
ちょい役といえばタイガー姉はいいキャラッぷりだった。唯一のくずれ顔を見せてくれたキャラで
唯一ほっとできる場面でした。

後、士郎の声が、サスケだったので、いつ火遁竜火の術っていいだすかはらはらしましたよ。
見終わってから気づいたのだが、これは凛ルートのエンディングなのね。
今度はイリアエンディングをーってないか。

全体的にハイクオリティではあったもののグレンラガンやなのはみたいな涙が出るくらいあっついシーンというのがなかったかな。全体的に暗くて血がどばどば出てたからかな?PG-12だったから残酷表現が多かった。というか血が多かった。
[PR]



by takeki27_03 | 2010-02-05 01:12 | アニメ本編評論

波のような粒子のようなそんなアニメを評論する。ミルロ、ヒナタ、ヒナタ(大)、四葉五月を地味に応援するサイト 原作者とコアなファンの前で四葉五月ファンと名乗った男が運営中
by takeki27_03
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

[ネギま]ネギのお茶会「..
from まほ避難所
NIN×NIN忍者ハット..
from DVDジャンル別リアルタイム..
番号ポータビリティMNP..
from 生活のキーワード
よろこんで~
from 綾神堂 in Blog
絵を追加
from アニメ量子論 
トラックバックテスト
from アニメ量子論 

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧