アニメ量子論さん 

<   2004年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧




ゾルリ

a0013287_13426.jpg
イシシとノシシのはじめてのおつかい
ゾロリがあまり出番なく今回はイシとノシシが主役。
作画もお話もよかった。
全体的によかった。うん。よかった。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-29 01:35 | アニメ本編評論

自転車行幸

秋葉原に自転車でお買い物
行程13キロちょうど1時間。
ついたころには汗だくで、ハンカチをポケットに入れているとじめじめするので、自転車に挟み込む。
ハンドルバックとか自転車にすえつけるものがほしいな。
MapFanで検索したルートは千葉街道を南下していくルートだったが、以前走ったらなんかつまらないルートだったので、
蔵前橋通りを使う。行程もあまり変わらないし、店が多くて見た目が楽しかった。
 大きな橋の前では自転車は不遇で少し回り道をしなければならないのが難点か。
亀戸あたりに入ると錦糸町、両国、浅草橋と近いので、進んでいるのが実感できるが、新小岩、平井が長くて
道を間違っていないかと不安になった。
やっとこついて買ったのは、はやてクロスブレード。作者つながりで演撃少女命
ふたつともいいテンションで、大好きです。この人がおねがいティーチャーのマンガ版を描いているとは信じられん。今度かお。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-29 00:32 | たわいもないこと

ゆめりあ

ブルマーⅤ
ばかだ。サブタイからばかタイトル。
中身はもしかしたらと思った自分もばかでした。
キャラが一人増えてますます加速していってます。
ネネコも変身して、主人公にぞっこん状態
出てくる女の子はすべて主人公にベクトル向いているのはお約束でしょうが、先生がぶっとんでいるのはこれだけじゃないでしょうか。
しかも主人公のけだものっぷりは半端じゃない。
上げ膳据え膳ご都合主義。棚ぼた状態。
これがこのアニメにふさわしい形容詞でしょう。
以上絶賛のコメントでした。
でも一番萌えるのはコネコ。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-23 00:39 | アニメ本編評論

恋風

すごーく気になってました。この一週間。xyears after・・・
みたいにくるか。それとも修羅場か。
蓋を開けて見るとかあちゃんち。原作で七夏が冬休みで帰っているところをかいて、そのあと防波堤。死ぬだ死なぬだと、いってました。
まあそうだろう。この世で遂げれぬ恋ならばあの世で添い遂げましょう。と江戸の昔より続いたパターン。
でも結局死ねず。
おにいちゃんと一緒ならどっちでもいい。
やっぱり、女は強いですね。
幸四郎だめ過ぎです。
仕事を辞め、七夏はなんか学校で浮いてるような感じ。
本当に幸せなのか。この二人は。
ラスト、出会った遊園地で泥だらけになる二人。
この作品中一番かわいい七夏ちゃんを見られたのですが、それだけに返って痛々しさが増しました。
ここでもう一つ分かりました。自分は不幸少女萌えではないということが。
逆境に耐えて、落ち込んでいる子または本人は気づいていなくても不遇な環境の子に萌えるというジャンルがあるようですが、無理です。
好きだ。好きだ。好きだ。
↑幸四郎の最後のせりふ。
あいたーーー!!
全体的には、原作も終わっていないので、だいぶうやむやで情景描写でお茶を濁して終わってしまいましたが、この不愉快さはなかなかのものです。
この作品嫌いです。
でも好きの反対ではないのです。感心があるからこそこんだけ文句も書けるし、鬱々としてしまうのです。
好きの反対は嫌いではなく、無関心。
となんかで言ってました。なんだっただろう。ドラマかなぁ。
無関心でいられないからこそ原作ではすっきり終わってほしい。
無理かなぁ・・・
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-23 00:38 | アニメ本編評論

レジェンズ

究極のレジェンズ登場。とどのつまりたこ。しかもレゲェ。
どこがどう究極なのか。よくわからぬまま終わってしまった。
なんか印象薄い。
前回がナイステンションだっただけに薄い。
でも確かJ1、J2がおもしろかったようなそうでないような。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-23 00:37 | アニメ本編評論

トラックバックテスト

鋼の錬金術師
ちょっとためし。もしかしたら、過去記事を更新したら、これを使って先頭に持っていけるかも。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-21 02:10

鋼の錬金術師

3週まとめてみた感想
暗い。残酷。ショッキング。
血がよく出る。
よくこの時間にやれるよな。
RAVEは気を使って血を黒くしてたのに、こっちはお構いなし。
グリードとの戦いが動きがかっこよかったけど、その分えぐいシーンが
満載。
これで小学生に人気というのだから不思議だ。
最近の小学生は残酷なのがお好みなのだろうか。
女性はシリアスで、残酷で暗いのが好きですよねー。
明るいコメディは幼稚と蔑まれる。(さげすまれる)
笑いこそが人間しか持ち得ない感情なのに。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-21 01:52 | アニメ本編評論

レジェンズ

話せば長ーい話
ほぼディーノとマックの会話だけの回。
ほんと斬新なアニメだ。
なぜメイドさんは猫耳かつみな同じ顔なのだろう。
コスト削減だろうが、なんか意味深げにかんぐってしまうのは年のせい?

スシクッテ究極ってイエイ
お母ちゃん登場、天野由梨二役 いえぃ。
裏番組のマシュマロ通信でも天野由梨はかあちゃん役。いえい。
とりだめたものを消す前に見てみるかなんてしたら、あれ?結構面白いじゃないですか。むむ。これは見てみるか?と感じる今日この頃。

すしが食いたくなった。なんか作画がよかった。部長、いやさベティーがかわいく見えた。
シュウがマジ切れして、風のサーガっぽいところを見せてくれた。
なんで親にすごいところを見せたくないのか?危険な目にあわせたくないということなのか。なんか不安定な家庭環境のように感じたのは私だけなのだろうか。

しまった。えび。えびを忘れた。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-21 01:51 | アニメ本編評論

サヴァイブ

ピンチに次ぐピンチでもうやきもきさせられます。さくっと殺っちまえと思うのですがそれは国営、しかも教育ですから絶対あり得ない選択肢です。なんだかんだでこちら側に死者はでず、宇宙船と遺跡を失うだけで済んだようです。まだつづくのか?
 脱獄囚と戦う時、チャコの動きがなかなかよかったです。まあ八島ちゃんにはかないませんでしたが。
 ここでふと考えました。
天使のしっぽで今頑張っているのは
ラン 田中理恵 マリエル
ツバサ 野川さくら あにぱら
ユキ 氷上恭子 サヴァイブ
ミカ ゆかな プリキュア
アユミ 川澄綾子 サムライチャンプルー
アカネ 千葉妙子 クロノクルセイド
と結構出ていたなーと。まあしっぽの時点で有名どころだったので当然と言えば当然なのですが。私としては、タヌキとネズミに頑張ってほしい。それとも頑張っているのか。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-17 00:30 | アニメ本編評論

ミルモでぽん

フェアリンピック
妖精楓がラブリーだったので期待して見るが、あまり出番がなくてがっかり。でも作画がよくて、小桜が出ずっぱり(まあ主役なのでそうだろうが)非常に幸せだった。
なんか作画がよいと感じるときは髪形に特徴があるようなのは気のせいだろうか。向かって左側の前髪がわしゃっとなっているのが特徴です。
2話で終わるかと思いきやまだ続く。しかも一週飛ばして1時間スペシャル。たまにこんなのがあるからこわい。仕事が忙しかったら見逃しているところだ。
[PR]



by takeki27_03 | 2004-06-17 00:30 | アニメ本編評論

波のような粒子のようなそんなアニメを評論する。ミルロ、ヒナタ、ヒナタ(大)、四葉五月を地味に応援するサイト 原作者とコアなファンの前で四葉五月ファンと名乗った男が運営中
by takeki27_03
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

[ネギま]ネギのお茶会「..
from まほ避難所
NIN×NIN忍者ハット..
from DVDジャンル別リアルタイム..
番号ポータビリティMNP..
from 生活のキーワード
よろこんで~
from 綾神堂 in Blog
絵を追加
from アニメ量子論 
トラックバックテスト
from アニメ量子論 

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧